新着情報詳細

2016年03月29日
5月14日(土)「障がい者就労と地域おこし」セミナーとパネルディスカッション

越谷青年会議所では、「障がい者就労と地域おこし~農・福・商の連携による新たな社会システムを創る~」というタイトルで講演会とパネルディスカッションを開催いたします。


障がい者雇用の現状と課題、障がい者たちがつくる国内の製品やサービスを、適正な価格で購入・利用してもらうことで、自立できる事を支援する仕組みについての講演。
また、パネルディスカッションでは越谷青年会議所として提案する「農・福・商の連携による新たな社会システム」について、パネリストの方たちから意見・報告などをいただきながら、考察を深めていきます。

※下記画像をクリックするとセミナーのチラシをPDFで見る事ができます。

 

 5月第一例会チラシ表面大5月第一例会チラシ裏面大960px

*****************************

【日時】平成28年5月14日(土) 13時30分開始
【場所】越谷サンシティホール 1階 ポルティコホール
※車椅子席・手話通訳・要約筆記あり
【費用】無料
【定員】300名(先着順)
【後援】越谷市・越谷商工会議所

■第1部講演 「障がい者雇用の現状とゆくえ」(40分)
【講演者】埼玉県立大学社会福祉学科教授 朝日雅也氏

■ 第2部講演 「働く場をつくるには?ウェルフェアトレードとは?」(40分)
【講演者】(一社)アプローズ 代表理事 光枝 茉莉子氏

■ 第3部パネルディスカッション 「新しい社会システムについて考える」 (60分)
【コーディネーター】 (前述)朝日雅也氏
【パネリスト】(前述)光枝茉莉子氏
越谷市障がい者共同受注ネットワーク運営協議会 事務局 堀内照夫氏
株式会社クリタ エイムデリカ 代表取締役社長 栗田美和子氏
就労体験に参加された方
(一社)越谷青年会議所理事長 井橋興蔵君
*****************************

 

(一社)越谷青年会議所では、様々な問題を抱えるわが国において、働きたいと思う人に働く場を提供し、その労働の対価として報酬を得るという個人としてやりがいや生きがいを感じるということがあたりまえにできる社会になる必要があると考え、自立した生活を送るために、地域にある資源を活用し、それらと連携した社会システムの構築に資する運動を行い、社会実験を繰り返し、解決策を模索していくことを、青年会議所が社会に対して果たすべき役割と考え、運動を展開しています。

今年度の社会開発委員会では
「農・福・商の連携による新たな社会システム」
をテーマに、解決策を模索していくこととなりました。

つきまして、本セミナー以外にも就労体験や公開委員会などを企画しております。


■その他の予定企画

【現在予定企画】
就 労 体 験:「米粉をつくり、米菓子をつくろう」4月9日(土)会場:増林地区センター調理室
就労(農)体験:「田植えをしよう」4月下旬~5月上旬予定 会場:増林地区内の田んぼ
セ ミ ナー:障がい者就労と地域おこし 5月14日(土)13:10~
公 開 委 員 会:『農福連携セミナー』8月上旬予定
就労(農)体験:「稲刈りをしよう」8月下旬~9月上旬予定 会場:増林地区内の田んぼ

※田植え体験、稲刈り体験については、越谷市農業技術銀行の指導の下で実施します。


■お問合せ先:
一般社団法人 越谷青年会議所 社会開発委員会
〒343-0818 埼玉県越谷市越ヶ谷本町8-7 TEL.048-966-0789/FAX.048-966-0807
※問合せ電話番号が総合受付のため、ご連絡をいただきました後、担当者(社会開発委員会委員)より折り返しのお電話にて対応させていただくこととなります。

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
一般社団法人 越谷青年会議所 理事長メッセージ
古紙リサイクル福祉貢献運動